誕生日の木  6月28日

6月28日の誕生日の木はホオノキ(朴の木)です。

北海道から九州まで各地の山地に幅広く自生するモクレン科モクレン属の落葉高木で、花・葉・実の全てが大型で、樹高30m、直径1m以上になるものもあります。

学名はMagnolia obovata

成長が速く、しかもその材は緻密で柔らかく、狂いやヒビ割れが少ないため、寄木や彫刻、下駄の歯、家具などに用いられています。

樹皮は灰白色で、裂け目がなく、皮目が散生します。

ホオノキの樹皮は分厚く、「厚朴(こうぼく)」といわれます。中国のものと区別するため、日本のものという意味で「和厚朴」とも呼ばれ、北海道、長野、岐阜など山岳の多い地域で生産されています。

また、樹皮には精油、マグノール、マグノクラリンなどが含まれていて、胃腸の粘膜組織を引き締めるため、腹痛、整腸、消化促進など、医薬品の材料として使われています。

ホオノキの葉は長さ30cm、幅15cmほどと大きく、やや白っぽい明るい縁で、裏面は白い粉を吹きます。互生しますが、枝先に束生し、輪生状に見えます。
葉は芳香があり、殺菌作用があるため、食材を包んで、朴葉寿司、朴葉餅などに使われます。また、比較的火に強いため味噌や他の食材をのせて焼く朴葉味噌、朴葉焼きといった郷土料理の材料としても利用されています。

 

花も大型で、花径15cmから20cmくらいのクリーム色をした杯形の花が上向きにつきます。
モクレン科だけあって、強い香りを放ちます。
花びらは8枚から9枚あり、中央部にはたくさんの雄しべと雌しべが集まって円錐状についています。

花言葉は「誠意ある友情」

朴の木には、強い他感作用(アレロパシー)があるそうです。
アレロパシーとは、他の植物の生長を抑えたり虫を寄せ付けない物質を出す作用のことを言います。その為、朴の木の下は雑草や低木が少なくスッキリしているとか。
山に出かけて涼みたくなったら、朴の木を探してみるのもいいかもしれませんね。

 

光発(さ)し その清しさは限りなし朴は木高く白き花郡(はなむら)   北原白秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

誕生日の木  6月27日

次の記事

誕生日の木  6月29日