皮むき体験

10月3日(土)「京銀ふれあいの森」で「皮むき体験」が行なわれました。

あらかじめ間伐し玉切りしておいたヒノキを使い、皮むき体験をしていただきました。

ヒノキの皮は檜皮(ひわだ)と呼ばれ 檜皮葺(ひわだぶき)の屋根の部材として珍重されてきました。今では伝統的な古建築に残されているのみで、一般的に使われることはありませんが・・・

檜皮を採取する技能者を原皮師(もとかわし)といいます。原皮師は山に入り生きたままの檜から皮を剥いていきます。幅60~70cm、長さは10mにも及ぶそうです。


参加者の皆様には、原皮師の気分になって(?)楽しんでいただきました。


 IMGP5412
 
今回は杉で作ったヘラを使って皮を剥いていただきました。

DSCF4289a

慣れてくると 面白いほどツルッと剥けます

IMGP5410

IMGP5411

IMGP5415a最後は、ほぼ1枚にきれいに剥けました

皮むきは子供さんでも出来る簡単な作業ですが、やってみると意外とハマッてしまいます
樹皮の下から現れる木肌の美しいことちょっとした感動です。

今回も参加者の皆様には楽しんでいただけたようで、スタッフ一同、嬉しく思いました。

お疲れさまでした。

IMGP5420

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

桜の伐採

次の記事

2016年の始まり