誕生日の木 10月24日

10月24日の誕生日の木は マルメロです。

マルメロはバラ科マルメロ属の落葉高木です。 学名はCydonia oblonga。

マルメロ属はマルメロのみの1属1種で、原産は中央アジアですが、ヨーロッパでは紀元前の昔から栽培されてきました。

マルメロという名前はポルトガル語の「marmelo」からきています。
ちなみに、柑橘を扱ったジャムを「マーマレード」と言いますが、ポルトガルのマルメロジャム「Marmalade(マルメラーダ)」が由来とのことです。


高さ5~8mになり、葉は長楕円形で互生します。
表面が細やかな毛で覆われているのが特徴です。近縁であるカリン(花梨)とよく似ていますが、この細毛があること、葉縁に鋸歯がないことで簡単に区別がつきます。

関西ではあまりなじみのない木ですが、東北や信州では「カリン」と呼ばれ、特に長野県の諏訪地方では特産品となっています。なので余計、混乱しやすくなっているのかもしれません。

春に5cmほどの白やピンクの花を咲かせます。花弁は5枚。雄しべは20本ほど、雌しべは5本です。秋に結実するとカリンや洋ナシによく似た黄色い実をつけますが、1本だけでは実をつけることができません。

マルメロの花言葉は「魅惑」「魅力」「誘惑」です。

果実は西洋ナシ形または丸形で、宿存萼があり、果面には灰白色の短毛があります。

果肉は香気が強く、石細胞(セキサイボウ)が多いため生食には向いていませんが、甘酸っぱく軽度の渋味があります。砂糖漬け、または火を通してシロップ漬けとして瓶詰めや缶詰にしたり、糖菓とされるそうです。また果実酒としてもよく用いられています。

まるめろの 月を得てより 香りをつくす
                      黛 執(まゆずみ しゅう)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

誕生日の木 10月17日

次の記事

誕生日の木 11月2日