誕生日の木 10月23日

10月23日の誕生日の木はサンゴジュです。


スイカズラ科ガマズミ属の常緑広葉樹。関東地方から沖縄に分布し、主に庭木、生垣、公園樹として植えられています。
樹高3~10m。学名はviburnum odoratissimum 別名アワブキ。

光沢のある、ずしりと肉厚の葉が特徴です。葉は対生し、若葉の頃は褐色で後に濃緑色になります。
形は長楕円形で、普通は鋸歯がありますが、ほぼ全縁になることもあるそうです。
また、葉脈のわきに「ダニ室」と呼ばれる穴が見られるものも多いそうです。
サンゴジュハムシによる食害も多く、夏を過ぎると葉がほとんど食い荒らされてしまいますが、その痕は葉の組織が縁状に盛り上がって裂開に耐えます。

 


花期は6月。円錐花序を出して、ネズミモチに似た小さい白い花をたくさん咲かせます。
甘く強い芳香があり、昆虫が集まります。

花言葉は「負けず嫌い」「端麗」

果実は核果で、初めは紅色、秋には藍黒色に熟します。

真っ赤な光沢のある美しい果実を海の珊瑚に見立ててサンゴジュ(珊瑚樹)と名づけられました。

またサンゴジュは葉が密に付き、葉や材に水分が多く含まれているので、火災の際に延焼を防ぐ効果が高く、昔から防火樹として植えられることも多いそうです。別名の「アワブキ」は、材を燃やすと泡をふくことから名づけられました。
日本で最も耐火力の強い樹木だそうです。


珊瑚樹のとびきり紅き秋なりき ほんたうによいかと問はれてゐたり
                       今野寿美 歌集『世紀末の桃』

珊瑚樹がとびきり赤き秋ありき この世に二人が知る赤さなり
                       三枝昂之 歌集『上弦下弦』

(お二人はご夫婦だそうで、プロポーズの返事をめぐりやり取りを詠んだ今野さんの歌と、30年後にその返歌として詠まれた三枝さんの歌です。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

誕生日の木 10月18日

次の記事

誕生日の木 11月6日