誕生日の木 5月20日

5月20日の誕生日の木は「シロヤマブキ」です。

シロヤマブキはバラ科シロヤマブキ属の落葉広葉低木です。
学名はRhodotypos scandens(ギリシャ語のバラrhodon+形typosに、よじ登る性質の、という意味のscandensが合わさっています)
一輪咲きのバラに似ていることからこの名前がつけられたそうです。
ヤマブキにも白い花が咲く品種シロバナヤマブキがあり、混同されやすいのですが、属が異なる別種で、このシロヤマブキは一属一種の植物です。

中国地方の石灰岩地にだけ自生し、環境省レッドデータブックに絶滅危惧種IB類として記載されていますが、挿し木や実生での繁殖が容易で丈夫な性質を持つことから園芸品種として世界中に広がっています。我が家の庭にも植わっておりますが、何の手入れをしなくても、毎年白い花を咲かせてくれます😀

葉は長さ5~7cmほどの卵形で、縁の鋸歯が目立ちます。葉柄を持ち、枝に対生し、良く枝分かれします。葉の表面には葉脈に沿ったシワが入り、美しい陰影を描きます。
条件が良ければ、秋に美しく黄葉します。

基部の幹は灰黒色で、若い枝は灰褐色の対生です。

花期は4~5月。直径4cm程度の両生花です。4枚の花弁と萼片があります。
また中心部に黄色い雄しべが多数見られます。
シロバナヤマブキは花弁が5枚ありますので、花で見分けることができます。

シロヤマブキの実は黒く、一つの花に4つの実が集まって結実するのが特徴です。

花言葉は「細心の注意」「気品」「薄情」など。

鮮やかな緑、煌びやかに色とりどりな花を咲かせる植物が多いこの季節、どちらかと言えばシロヤマブキは、あまり目立たないかもしれません。
一つの枝先に一つの花しかつけないので、どうしても大きな葉っぱの方に目がいってしまいがちになりますし💦 花そのものがあまり自己主張しないようにも見えます。
が、すごく品のある、可憐な花だと思います。
「一輪挿し」で楽しんではいかがでしょうか。

咲くときも 白山吹のひそかなる     稲畑汀子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

誕生日の木 1月14日