全国育樹祭 京都大会

10月8・9日に京都府宇治市及び南丹市にて第40回全国育樹祭京都大会が開催されました。

Wikipediaによりますと、
全国育樹祭は、国民各層の参加による国土緑化運動の一環として、活力ある緑の造成気運を高め、次世代にわたる連帯性を深めることを目的に、全国植樹祭を開催したことのある都道府県において、毎年秋季に行われている全国行事。メインは「お手入れ」。これは、「親が植え、子どもたちが育て、利用し、また植える」という森林持続性理念の下、全国植樹祭において天皇及び皇后が植えた樹木を皇族(皇太子及び皇太子妃)が手入れするもの。
ということだそうです。

京都大会は「育樹の輪 ひろげる森と 木の文化」をテーマに
お手入れ行事、式典の他にさまざまな行事が行われました。
 

弊社からは、代表理事が9日の記念式典に参加、
そして翌日10日は社員全員で森林・林業・環境機械展示実演会に行ってまいりました。

 

%e8%82%b2%e6%a8%b9%e7%a5%ad%e2%91%a2会場の様子です。

%e8%82%b2%e6%a8%b9%e7%a5%ad%e2%91%a0北桑田高校森林リサーチ科が作成した育樹祭のシンボルモニュメントです。

%e8%82%b2%e6%a8%b9%e7%a5%ad%e2%91%a3

ご臨席された皇太子殿下。
豊かな森を次の世代に引き継いでいくことが、今を生きる私たちの務めであると考えます」とのお言葉を頂戴しました。

 

%e8%82%b2%e6%a8%b9%e7%a5%ad%e2%91%a4アトラクションとして披露された、北山スギの枝打ちです。

 

森林・林業・環境機械展示実演会では、様々な高性能林業機械が展示されており、興味津々で見入ってしまいました。

%e6%9e%97%e6%a5%ad%e6%a9%9f%e6%a2%b0

機械好きには堪らない世界です😉

 

いつも思いますが、こういうイベント?にはたくさんの人の協力と、また時間が必要です。

事故なく、無事に終わって当たり前。
今回の育樹祭も、携わった府の方々はそれこそ不眠不休で頑張られたそうです。
本当にお疲れさまでした。

来年は香川県で開催されるそうです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

二重の虹

次の記事

プチ紅葉狩り