春の訪れ

「一月往ぬる 二月逃げる 三月去る」とはよく言ったもので、ついこの前お年賀の挨拶をさせて頂いたように思うのですが、気がついたらもう三月も半ばになりました。

年度末の忙しさも相まって、季節を感じる余裕もない毎日ですが😂それでも、確実に春は近づいてきています。

鉢植えのスノーフレークが咲いていました。
実はこのスノーフレーク、20年ぐらいほったらかしなんですが、毎年健気に咲いてくれます。

別名「鈴蘭水仙」とあるように、水仙のような細い葉っぱに、鈴蘭のような釣鐘形の花が下向きに咲きます。
とても愛らしい花です。

 

春の訪れを感じさせてくれる花としてはクロッカスも有名ですね。


写真のように、まだ雪が残っている大地から、むくっと顔を出す姿が、春の息吹を感じさせてくれるのでしょう。

寒い冬を頑張って乗り越えてくれたんだな…と思うと、「私も頑張らなきゃな~」と思えてきます。

 

心が疲れている時は、ついつい物事をネガティブに捉えてしまいがちになりますが、「今は冬の時期。しっかりと根を広げて、春に向けて準備をする時なんだ」ってポジティブに考えたいものですね。

悲しいのは、辛いのは、不安なのは自分だけではありません。
誰もが多かれ少なかれ、自分にとっての「厳しい現実」と向き合っています。

大切なのは、その「現実」ときっちり向き合うこと。
不安を作っているのは自分なのだと気づくこと。
そして「他人の価値観」に振り回されないこと。

頑張って努力して… 
もし望む答え(結果)が得られたら、それは大きな「自信」となります。

でも、どれだけ頑張っても、答え(結果)が出ないときもあります。
だけど、それは大きな「経験」となるのです。

失敗したり、転んだりして経験を積んでいくことで、自分で考えて工夫して、答えを見つけていければいい。

 

厳しい冬を乗り越えたら、必ず春は訪れます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です